4月号 編集後記

画像


写真は中里地区 梨の花

青葉区版  300号  2008.4.11
編集後記

4月11日は、「ガッツポーズ」という言葉が誕生した日、といわれている。1974年(昭和49年)のその日、ガッツ石松はWBCライト級タイトルマッチで、チャンピオンのゴンザレスを8ラウンドKO勝ちで王座奪取。その時勝ち誇ったポーズをマスコミが「ガッツ石松のガッツポーズ」と駄洒落で勝利を伝えてからといわれる。デビューしたてのリングネームは鈴木石松。三度笠の潮来スタイルでリングにあがって受けた。石松のように短気なところが試合に出てしまう。そこでガッツのあるボクサーに、と改名。とたんにめきめきと頭角をあらわした。正確には、ガッツポーズは1970年代のボーリングブーム、ストライクを決めたとき、「よっしゃー!」と取ったポーズが元祖のようである。

あおばタイムズ
http://www.ningenkobo.com

"4月号 編集後記" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント