編集後記   2008.1.11

画像


編集後記   2008.1.11

1月11日は鏡開きである。供えた鏡餅を割ってお汁粉にして食べる。もともと鏡は女性の象徴なので、鏡餅を煮て女性の祝日ということだったようだ。武家では武具に供えた鏡餅を、具足餅として男子のために祝った。これが武道の「鏡開き式」、武道道場の行事として行われている。これは20日だった。それが江戸時代、11日に変わった。三代将軍・徳川家光が1961年4月20日に亡くなったからである。命日を祝うわけにはいかない。翌年から鏡開きは11日になった。それをもとに、一般家庭でも床の間に、鏡餅を飾って正月が済むとそれを雑煮や汁粉にして食べるという風習がひろまった。こういうお正月の過ごし方がだんだん見られなくなったのは寂しい。


あおばタイムズ
http://www.ningenkobo.com

"編集後記   2008.1.11" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント