食品偽装事件

画像

食品偽装事件
2008.6.28


丸明の吉田明一社長が飛騨牛と偽って品質の落ちる牛肉を売っていたことを認める会見を開いた。告発した従業員たちも記者席に並んでいる。こういう一連の疑惑事件は、内部告発者保護法が施行された2年前から頻発している。それまで、こういうことは、大きな問題にならなかった。

相当悪質になってきているのだ。丸明の吉田明一社長、ミートホープの田中稔社長の有名な会見シーン、どういう気持ちで見ていたのだろうか。そっくりな記者会見を今自分が開いている。

食品関係の偽装は内部のものしかわからない。正義感もそうだが、人間関係も相当ウエイトを占めるんじゃないか。あれは不二家から始まって、「白い恋人」、ミートホープ、赤福に比内鶏、船場吉兆。問われているのは消費者を騙した、ということ。健康被害は起きているわけではない。船場吉兆の使いまわしは一流料亭の誇りもなにもない。結局、老舗も廃業に追い込まれた。

もうこれで終わりではなかった。飛騨牛から中国産ウナギの偽装が出てきたのだ。

中国産ウナギを国産と偽って販売していた。これには、ただただあきれるばかり。国内産の半分の値段なのだからそれを国産と偽装すれば相当の儲け。これは社員も一緒になってやっていたのだという。「魚秀」のやりくちの影に暴力団があるようだ。

これはまだまだ出てくるだろう。一億総食料偽装疑惑。日本人はどうにかなってしまたようだ。


あおばタイムズ
http://www.ningenkobo.com

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック